もっと飛躍したい女性起業家のブランディングコンサル/HP・LP制作

たかが名刺?されど名刺。ブランディングの最たるものかもしれません。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
吉田せいこ/ブランディングコンサル&HP制作
富山県出身、西宮市在住の39歳。3児のママ。大企業で企画、キャンペーン、広告、HP管理、システム、営業など幅広く経験。仕事好きなのに子育てとの両立に限界がきて退職。強み発見、ブランディング、ライティングが得意でコンサルした方は2か月目で月商150万円突破。素敵なサービス・商品を持っている女性起業家をサポートすることが私の役割。女性の自由な活躍でもっと世界がよくなりますように♡

もっと飛躍したい女性起業家のためのブランディングコンサルタント吉田星子です。

今日は、女性起業家様の名刺を作成していました。

名刺サイズ、横91mm×高さ55mmの単なる小さな紙。

たかが名刺、されど名刺。

この小さな紙から、いろんな出会い、仕事が広がることを最近本当に感じます。

1年前まで、企業の社員だったから、名刺は、結局は企業名・起業としてのブランド・看板を背負った1社員として使っていました。

会社の代表として営業に来ていて、名前を憶えてもらうため。

メールするため、電話するため。

企業では、契約相手であっても、営業担当が変わればさようなら。

コンペに負けてもさようなら・・・。

人と人のつながりであることは、お互いに分かっているんですけどね、会社対会社の付き合いであることも分かっているから、なかなかそれ以上の関係にはなりにくい。

でも、起業してからは、名刺に対する価値感が変わりました。

名刺は本当に縁をつなぐもの。

その人らしさ、その人の理念を最小限のスペースに表すもの。

ブランディングを表す最たるものだと思っています。

その名刺から会話が弾むこともある。

安く自分でさくっと作れる名刺もあります。

とても便利な時代です。

でも、その時に、紙質を1ランクアップする。

紙の色を真面目に選んでみる。

デザインを真剣に考えてみる。

ロゴマークを取り入れてみる。

理念を盛り込んでみる。

たった1枚の紙ですが、自分と、自分のサービス、世界観を表すものです。

名刺を人に渡すたびに、自分の本当にやりたかった事、目指していることを、思い出させてくれるツールでもあります。

昔は、名刺やロゴマークに何万円もかける人の意味が分かりませんでしたが(笑)、その頃の私はオコチャマでした。

今となっては、とてもよく分かります。

名刺を作るのは、とても、責任のある仕事だと感じています。

という、今日の感想です。

ご自分で作るとき、是非、自分への投資として、紙ランクを1つあげるなど、してみてくださいね!

紙の厚みが少し違うだけで、仕事への姿勢、信頼感が変わりますので!

この記事を書いている人 - WRITER -
吉田せいこ/ブランディングコンサル&HP制作
富山県出身、西宮市在住の39歳。3児のママ。大企業で企画、キャンペーン、広告、HP管理、システム、営業など幅広く経験。仕事好きなのに子育てとの両立に限界がきて退職。強み発見、ブランディング、ライティングが得意でコンサルした方は2か月目で月商150万円突破。素敵なサービス・商品を持っている女性起業家をサポートすることが私の役割。女性の自由な活躍でもっと世界がよくなりますように♡

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 想いを伝えるお手伝いーMeRaise-ミライズ , 2019 All Rights Reserved.