もっと飛躍したい女性起業家のブランディングコンサル/HP・LP制作

付加価値を付けるとは?値段が2倍でも買った物を公開!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
吉田せいこ/ブランディングコンサル&HP制作
富山県出身、西宮市在住の39歳。3児のママ。大企業で企画、キャンペーン、広告、HP管理、システム、営業など幅広く経験。仕事好きなのに子育てとの両立に限界がきて退職。強み発見、ブランディング、ライティングが得意でコンサルした方は2か月目で月商150万円突破。素敵なサービス・商品を持っている女性起業家をサポートすることが私の役割。女性の自由な活躍でもっと世界がよくなりますように♡

 

もっと飛躍したい女性起業家のためのWEBブランディングコンサル吉田星子です。

 

 

どんなものに対しても、あまり無駄遣いもしないし、物を買う時は、結構吟味して買うタイプの私!

 

ですが、即決で2倍の値段で買うことを決めたものがあります。

 

 

それが、こちら。

 

 

黒い方は、400円位。

 

でも、手前のスケルトンの箱は800円台。

 

即決です!

(そもそも単価が安いやん!と突っ込まないで。「考え方」が大事なので。)

 

 

今までは、既存の虫かごを使っている中で、無意識に諦めていた課題が4つありました。

 

 

①透明の蓋が小さくて、ムシ様たちを入れたり出したりするときに手が当たる・・・

 

②蓋全体を開けようにも、幼稚園生の子どもだと一人で開けれず、毎回「ママ開けて」と呼ばれる。

 

③観察するときは、基本横からか、透明の蓋の小さな小窓か、アミの隙間から覗いて、実は見にくい・・・

 

④蓋のアミのところに、ムシ様の足が引っかかったりして、おケガをなさることがある・・・

 

 

でも、もう、虫かごなんて、どれもこれも、そんなもの。

 

しょうがない・・・。って思っていました。

 

 

でも、既存の虫かごの問題点を誰かが解決して商品化!!!

 

 

・子どもひとりでも、蓋全体の開け閉めが簡単にできる!

 

・上からも悠々と全体を観察できる、というか、こういう観察のしやすさを求めていた!!

 

・アミの部分が少ないので、コバエも入りにくいし、ムシ様の足が引っかかるリスクも軽減される。

 

 

しかも、この蓋って、そんなに特殊なものでもなく、いろんなボックスケースとかには使われていたものを、虫かごに適用しただけ、だけど、今までは誰も作ってなかった虫かごなんですよね!

 

消費者の「顕在化していないニーズ」を商品化してくれた人、ほんと凄いですね。

 

 

 

AとBを掛け合わせて、Xを作り出す。

 

まさに、付加価値を提供してくれるから、必要な人は「2倍以上の値段」でも即買いするんですね~!

 

 

自分の商品・サービスも、AにBを掛け合わせたら、Xになって、誰かにはドンピシャのサービスになる。

 

値上げしても喜んで買ってくれる!ってこと探してみてくださいね~。

 

 

 

そして、この虫かごは、本当にオススメです(笑)

虫好きな男の子のいるママへ。

 

ホームセンターでは行ってみないと、取り扱ってるかどうかわからないですが、アマゾンなら今在庫、少しだけあるようです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
吉田せいこ/ブランディングコンサル&HP制作
富山県出身、西宮市在住の39歳。3児のママ。大企業で企画、キャンペーン、広告、HP管理、システム、営業など幅広く経験。仕事好きなのに子育てとの両立に限界がきて退職。強み発見、ブランディング、ライティングが得意でコンサルした方は2か月目で月商150万円突破。素敵なサービス・商品を持っている女性起業家をサポートすることが私の役割。女性の自由な活躍でもっと世界がよくなりますように♡

- Comments -