ホームページ制作の悩みを解決!ミライズWEBブランディングにご相談ください。
(神戸 / 西宮 / 大阪 /芦屋 / オンライン全国)

インテリアコーディネートにみる、コンセプトとデザイン。ホームページ制作と似てる!

もっと飛躍したい女性起業家のためのWEBブランディングコンサル吉田星子です。

 

昨日、インテリアコーディネーターの友人に「ちょっと、見て、意見がほしいものがある。」と言われたので、小一時間出かけてきました。

 

 

それは何かというと、私の新居。

というのは、真っ赤なウソで、モデルルームの公開前の、事前見学に行かせていただきました。

 

見学だっていうのに、まぁ、遊ぶわたし(笑)

 

 

築41年のマンションを、中身を全部ぶちぬいて、リノベーションしたお部屋がこちらだそうです。

このリノベーションしたお部屋を見せてもらう前に、まだ手を付けていない古いままのお部屋も見せてもらいました。

・古くなった扉

・サッシ

・畳

・床

・お風呂

・キッチン ・・・

どれも、まだ使えるけど「デザイン」にも、「ちょっとした傷がある建具のディテール」、「動線」にも古さが漂う。

 

 

 

次に見せてもらったのが、建具、床、水回りを入れ替えたお部屋。

部屋の構造や壁は取り壊さずに、表面を変えるから「表装工事」というそうです。

そして、最後に見せてもらったのが、壁・床・配管を全部一度壊して、作り直す、リノベーションをした最初のお部屋でした。

 

まるで別もの!!

元々同じ構造の部屋だったとは全く思えませんでした。

 

 

 

そして、インテリアの配色、配置、空間の取り方。

コンセプトは海が好きな、夫婦&子ども2人向けの家族に向けたお部屋とのこと。

本当にすごい!と思いました。

(そして、これが私のおうちだったらと妄想はやまず)

 

 

 

そして何を思ったって、これって、ホームページ制作にすごく似ている。

 

コンセプトがあって、誰に何を届けたいか、そのために何色をベースに使うか、どんな写真・小物を使うかを決めて、動線も考える。

 

 

インテリアは3D、ホームページは2Dという違いはあるけど。

 

 

 

インテリアコーディネート・モデルルームは「住んでみたい」を引き出す場

 

ホームページはその人・企業に「会ってみたい」「習ってみたい」「買ってみたい」を引きだす場

 

 

そこに、デザインという要素が活躍する。

 

 

私のホームページ制作の師匠、KayoDekkerさんに、「どうやったらセンスよくなれますか?」って聞いたときに、「いいもの」「美しいもの」「きれいだと思うもの」をたくさん見るといいよ!といわれたアドバイスを思い出しました。

 

 

ということで、この小一時間の楽しい見学リフレッシュタイムは、素晴らしい学びの時間になったわけです。

いいものを見るのも「仕事」のうち!というラッキー。

 

 

 

お友達のインテリアコーディネーターさんは、本当にセンスがいいの!

 

IKEA~ニトリ、ACTUSなど手ごろなものはもちろん、ハイブランド家具やカーテンや光の使い方もとても素敵なので、このお部屋を見て、彼女にインテリア・リノベーションを相談したい方がいたら、ご紹介しますね。

ブランディングでうまくいく!
無料プレゼント中

✔ 5回でブランディングについて学べる無料動画講座
✔ 自分の「ブランディング」を確認できるチェックシート
✔ 動画を見ながら書き出せるワークもプレゼント中!